BAR Sugar Free
神戸・元町のBAR[Sugar Free]の店主の日記。音話、アホ話、お知らせ等々を!
DATE: 2007/04/26(木)   CATEGORY: お知らせ
明後日、いよいよLIVEでっせ!
明後日、28日土曜日は、いよいよ「KASA SLIM + マンボ松本 + 岩城一彦」のライヴでっせ~!

20070403170751.jpg「KASA SLIM + マンボ松本 + 岩城一彦」 @ 神戸Sugar Free
2007/04/28(Sat) open/19:00 start/20:00(2ステージ)
Live Charge 2,500yen(w.1drink)



今回はSugar Free初登場、カサ スリム氏を迎えて! 脇を固めるは、マンボ松本(ex 大西ユカリと新世界)氏にドブロ・ギターの岩城一彦氏の強力メンバー!! カサ スリムさんは非常に楽しみ! また私、ドブロを生で観るの初めてなんで、これまた楽しみ! ほんでもって鍵盤はマンボ君で、あ~こりゃ楽しいぞ!!
ブルージーなサウンド & ゆる~いトークををお楽しみに! お待ちしておりますよん!

お問合せ BAR Sugar Free 078-321-0327
お電話にてお席の確保、ご予約お受け致します!

Soul, Funk, Slowjams, R&B and Drinks BAR Sugar Free
[ TB-0 | CO-0 ] page top
DATE: 2007/04/22(日)   CATEGORY: 独り言
大阪BLUE NOTE ⇒ Billboard Live
皆様、もうご存知のことと思いますが…

今年の夏、『大阪ブルーノート』 が 『Billboard Live』 というライヴハウスに様変わりします!

ビルボード(Billboard)は音楽好きなら説明不要でありましょう! エンタテインメント情報誌としてアメリカで生まれ、その後、ジュークボックスやラジオのチャートを皮切りに、今日世界の音楽業界で最も影響力を持つチャートとして揺ぎ無い地位を確立しています。
そのビルボードのライヴハウスが、この夏日本初上陸となる 『Billboard Live』 です。恥ずかしながら、むこうでビルボードのライヴハウスが存在することなど知りませんでした!

今回の日本上陸は、東京、大阪、福岡の3店舗。うち福岡は、旧福岡ブルーノート、現ソウルバードライブハウスをリニューアル、大阪は現大阪ブルーノートをリニューアルして開店するとのこと。遂に大阪(関西)からもブルーノートが消えてしまうんです…。東京はブルーノートとは違う場所にできるようなので、結局ブルーノートは日本では東京と名古屋だけになるということですな。

さて、私のブルーノート・デビューは24歳の時。何を隠そう 『JODY WATREY』 でございました!当時レコ屋でソウル・バイヤーをやっていた私は、ビクターのセールスさんに 『Buppie Club』 というMCA系ブラック・ミュージックのフリーペーパーの原稿を頼まれ、そのお礼としてジョディ・ワトリーのブルーノート公演のチケットを頂いたのであります。正直、あまりジョディ・ワトリーには興味ナシ。ですが、ブルーノートには行ってみたいと思ってたので、「この服装で大丈夫やろか…??」と少し緊張しながら行きましたなぁ。

スンマセン…。ジョディ・ワトリーのライヴの内容はさっぱり覚えておりまへん。が、あの雰囲気、空間、距離で酒飲みながらライヴを観れるということで「ブルーノート、いいねぇ~」と、これ以降足を運ぶこととなります。ライヴ後にアーティストと写真撮ったり、サインもらったり出来る(アーティストにもよりますが)のもブルーノートの良さでした! マンハッタンズ、アトランティック・スター、フレディ・ジャクソンからエル・デバージまで…。この頃から、ジャズだけでは厳しいのか、やたらとソウル~R&B系アーティストをブルーノートがブッキングし始めたので、激安で通ってました…。2000円で…。スンマセン! 正規でチケット買うて行ってた方々にはシバカれるかもしれませんが、あるルートを通しまして…。

転勤で熊本に行ってからは、福岡ブルーノートです。正直、福岡は大阪に比べて店内の広さや内装、スタッフの服装などがちゃちかったし、値段も正規やったし(当たり前や!)…。大阪のほうが好きでしたが、大阪以上に九州はソウル系のライヴは少ないので頼りはブルーノート! ウィスパーズ、タヴァレス、ダズ・バンド、アリ・オリ、レイ・パーカーJr.、フィル・ペリー、アイズレー、ジョニー・ギル、トニーズ、ソロ…。熊本から車でドライヴを兼ねて。楽しかったなぁ~!

関西に戻ってきて、しばらくして大阪ブルーノートがハービスに移って。今のところ最後はフランク・マッコム。この時は店をやってたので店のお客さんと数人で。1番前の席でビールのピッチャーばっかり頼んで、少々恥ずかしかったですが…。

なんだかんだレコ屋時代の仕事も含めてこれまで相当数のライヴを観てきましたが、その中でも、1番数多く行った場所はブルーノートかもしれません。そんな思い出深いブルーノートがもうすぐ無くなってしまうのはやはり残念! やっぱり、ジャズやソウル系だけでは経営的に厳しかったのがあるんでしょうな…。「まぁ~たスタイリスティックスかいっ! いまさらダイアナ・キングって…」とか思ってましたもん。
新しい 『ビルボード』 もブルーノート同様、阪神電車の子会社「阪神コンテンツリンク」が経営するようで。ビルボードになればブルーノートのイメージと関係ないロックからポップスまでブッキング出来る訳ですか?! スタイル的にはブルーノートのようなライヴ&レストランの形態らしいので、さらにソウル系も頑張ってブッキングしてもらいたいものです。

『ビルボード』 になる前に何か観にいきたいなぁ~と思いスケジュールを見てみると、5月にデヴィッド・T・ウォーカーが来るじゃああ~りませんかっ! これで 『私のブルーノート』 を終了しようかと思いつつ…行けるのか?? うちの若いお客さんでプロを目指しているバンドの子がいます。彼はブルーノートを全然知らず、あろうことかブルーノートに電話して、「そこでライヴやらしてもらえませんか?」と聞いた強者です! 本当は、彼らがプロになって、大阪ブルーノートで演るのを観たかったんですけどね…。


♪先頃遂にCD化された、デヴィT 『Ode時代3部作』! よりR&B色の濃い、いぶし銀のギター・プレイを堪能しましょう♪



Soul, Funk, Slowjams, R&B, and Drinks BAR Sugar Free
[ TB-0 | CO-4 ] page top
DATE: 2007/04/17(火)   CATEGORY: 独り言
ああ青春のFMエアチェック! -後編
FMラジオ、エアチェック、FMステーション、FMファン、FMレコパル、週間FM、カセットデッキ、カセットテープ、インデックス・カード、レタリング・シート…
さて、前回に引き続きこの話をする意味があるのか(オチが無いので)不安になってきましたが、まぁ良しとしましょう…

ダビング工場

私が中学1年の時(今からざっと26年も前。めまいがしてきました…)、オトンがステレオを買ってきました。カセット・デッキがWデッキのやつです! 今でこそ普通のWデッキ(…というよりも、今はもうステレオに付いて無いわな)ですが、当時が多分出始めやったんやと思います。普段、特に音楽を聴くわけでもないオトンが 「ONKYOやで、オンキョー」 とか言うて…。その頃、私の周りのやつでWデッキのやつは皆無。何がどう広まったのか? それ以降しばらく、うちはダビング工場と化しました。学校の連れが「コレ頼むわ!」「倍速はやめてや!」と次から次に私にダビングを頼んで来る訳ですよ。

当時、ビルボードやCASHBOXのヒット・チャートを中心に洋楽を聴き始めていた私の元に、全然知らないテープがドンドンやって来ます…。マイケル・シェンカー・グループ、アルカトラス、ヴァンデンバーグ、デフ・レパード、etc。馴染みの無いハードロック、メタルの人達…。ついでに自分の分もダビングしてたので、この頃のH/R系は少々懐かしい思い出。何故かファンにはなりませんでしたが…。で、これらのテープは背のタイトル部分にキッチリとレタリング・シートの文字で「NIGHT RANGER」とか表記されてる訳です。

インデックス・カードとレタリング・シートで最後の仕上げ

『レタリング・シート』 透明のシートにアルファベットや数字が並んでて、上からこすって文字を転写させるやつです。ほとんどみんなが使ってました! イキッたヤンキーとかでもレタリング・シートを押し付けて、上からカリカリやって綺麗に作ってるのが笑えますな! 剥がすタイミングをミスッて文字が欠けた時なんか、半泣きでやり直してましたなぁ。 『インデックス・カード』も多種多様。先に出た『FMステーション』の鈴木英人イラスト(山下達郎の『FOR YOU』などのジャケも有名な、いかにもアメリカ西海岸風なイラスト)のやつも人気でしたし、銀色でやたらピカピカなモノからどこかよーわからん写真のモノまで…。みんながそれぞれ“お洒落”にキメとったのです!
この頃、知ってるやつはごく1部でしたが、カセットテープを買うと点数かなんかが付いてて、それを集めて送るとグッズがもらえる、というのがありました。抽選ではなく必ずもらえるもので、テープのラックやオーディオ・グッズ等々。比較的少ない点数ですぐもらえるのが、インデックス・カードとレタリング・シートが一緒になった『インデックス・キット』でした。コレを使って、私もお洒落にキメとったのです!

さて、オリジナル・テープ作りに必要なWデッキにお洒落なインデックス・キット。レンタルしてきたレコードはモチロン、エアチェックしたテープの曲を新たなテープにバンバン編集。我が青春のテープは、社会人になる頃には2000本ほどになってましたか。

こんな話をした訳は?

先日、馴染みのOさん、Mさん、てるさん達が店にいた時、「ピーター・バラカンのFM番組を録音したテープが出てきた」という話になりました。1988年、今から20年近くも前のエアチェック・テープです。どーやら私の知らないところで、てるさんがOさんにそのテープをCD-Rで頼んでいたようで…。回りまわって、そのCD-Rが私のところに来た訳です。

『What Is Soul vol.1~vol.5』 ピーター・バラカンが自分の番組で、5回連続、『Gospel Soul』 『Blues Soul』 『Country Soul』 『Rock Soul』 『Jazz Soul』 と銘打ち特集した番組のエアチェックCD-R。この番組は聴いてなかったので、それを家で聴きながら内容や曲よりも 『エアチェック』 自体に懐かしさを感じた次第で…。
私はこれまで5回、プライヴェートと転勤で引越してきましたが、熊本から神戸に帰ってくる際にテープは全部処分してしまいました。ダンボール箱に入れたまま聴くことは無かったもんで…。だから今、このCD-Rを聴きながら少々後悔しておるのです。「あ~、わしもテープ置いとったら、今懐かしいやろな~。CD-Rで蘇らすことも出来たのにな~」と…。

『What Is Soul Gospel Soul編』 は最後の 『Swing Down Sweet Chariot / BILLY PRESTON』 が流れはじめたところ…と思ったら、ブツッとそこで終わってしまった!

Oさん、テープの時間切れなんて、エアチェックでは考えられまへんで~!!

Soul, Funk, Slowjams, R&B and Drinks BAR Sugar Free


[ TB-0 | CO-2 ] page top
DATE: 2007/04/12(木)   CATEGORY: 独り言
ああ青春のFMエアチェック! -前編
FMラジオ、エアチェック、FMステーション、FMファン、FMレコパル、週間FM、カセットデッキ、カセットテープ、インデックス・カード、レタリング・シート…
上記のアイテム(FMとエアチェックはアイテムでは無いけど)は、中・高時代の忘れ難きアイテム。現在の若者にはFMを除いてほとんど馴染みの無いモノでしょう。ちゅうか、FMもあやしいかも…。私もFMを聴かなくなって何年になる??

洋楽聴くならFMでエアチェック

「わしらの世代」というよりも、大体現在30代半ばから上の世代でしょうか? 『音楽を聴く』『音楽情報を得る』といえばラジオ、特にFMは欠かせなかった訳でして。私のパターンは、小学3年生の時にAMの深夜放送(ヤンタン)でラジオ・デビュー。中学になると同時に音楽に目覚め、FMに移っていくという具合。で、中学時代、音楽は絶対的に『洋楽』! 『邦楽』(この頃J-POPなどとは言いません!)聴いてたらダサい!みたいなところがありました。(とはいえ、オフコースとか流行ってて聴いてましたが…) 所謂ど真ん中の『MTV世代』です。で、洋楽といえばFM。誰から教えられた訳でもなく、自然と中学でFMを聴きだし、周りみんながエアチェックしてました。

『エアチェック』…ああ、なんと懐かしい響きなんでしょう! これまたうちの若いお客さんには通用しなかった言葉なんス…。早い話が「FM音楽番組をテープに録音すること」です。(テレビやラジオ放送を録画・録音して楽しむことですが、ここではFMに限定させて頂きます) むか~しむかし、この『エアチェック』にわしらオッサンは没頭しとったのです! レコード買う金ありまへん! レンタル・レコードで借りるのも金が無いから必死に吟味! 金をかけずに音楽を聴く⇒『エアチェック』なんス!

このエアチェックに欠かせないのがFM番組情報誌とカセットテープ。私は『FMステーション』でした。雑誌に付いてる鈴木英人によるイラストのインデックスが目当て。はい…デザイン重視の軟弱派です! クラシック記事も充実した硬派な存在が『FMファン』。ちなみにうちの常連客の歌バカMJは「俺はFMファン派やった」と得意気に申しておりました。『FMレコパル』『週間FM』…これを愛用してた人を私は知りません…。寂しいかな、今や全てが廃刊です。で、これらFM誌の番組表をチェックして「この日のこの番組でこの曲がかかる」とテープを用意し録音にとりかかる訳です。Let's エアチェック!

大敵はノイズとオカン

そりゃもう録音は命がけです! まずDJのベシャリもそのまま録音するパターンと、目当ての曲だけを録音するパターンに別れる訳ですが、メインは後者。ここでFMの大敵、『ノイズ』との戦いが始まるのです! まずはアンテナ片手にベスト・チューニング・ポイントのチェック! 家族がいるので居間にあるステレオは使用しません。自分の部屋でラジカセ持ってウロチョロ。アンテナぐるぐる回してノイズの少ない場所探し。で、「ここや」と思ってアンテナから手を離したらノイズが入る…。わし、1時間近く片手でアンテナ握ったまま録音したことあるし…。良いアンテナ買うほどの金は無いので、ちょいと進歩させて『T字フィーダー』というアンテナ・コードをラジカセのアンテナに結び付けて部屋に張り巡らせます。「アンテナの先っちょだけ窓から外に出す」なんてこともしとりましたな…。何故か日によってベスト・ポイントが変わるので、これを毎回繰り返すんス。

アンテナの場所(方向)が決まるとテープをセット。そうそう、ここでオカンに一言言うとかなあきまへん! 「今から録音するから電気消さんといてや!」
…そーです! 部屋の照明をカチカチッとやるとノイズが発生するのです! 私の部屋はダイニングと隣り合わせだったので、オカンがダイニングの照明をカチッとやるとブツッとなって私がブチッとなる訳です。細かいことを言えば、ダイニングや台所のオカンの立ち位置によってもノイズが発生しますから、オカンとの戦いも開始です!!

ノイズとオカンという大敵をクリアし、DJのベシャリと曲に入るタイミングを見計らいながらの録音。録音ボタンを押してからは自分も極力動きません。もちろんノイズ防止! そこまでしておきながら、曲が途中でフェードアウトされた時の悲しさ、DJが曲にかぶせて喋りだした時の腹立たしさは言いようがありません! まぁ、この辺も番組によって「この番組は1曲丸々かかる」とか判ってきますんで、そこを見極めていくのであります。
more...
[ TB-0 | CO-3 ] page top
DATE: 2007/04/06(金)   CATEGORY: お知らせ
ライヴのお知らせ: 4/28 KASA SLIM LIVE!!
4月はSugar Free初登場「KASA SLIM(カサ スリム)」のライヴです!

20070403170751.jpg「KASA SLIM + マンボ松本 + 岩城一彦」 @ 神戸Sugar Free
2007/04/28(Sat) open/19:00 start/20:00(2ステージ)
Live Charge 2,500yen(w.1drink)



今回はSugar Free初登場、カサ スリム氏を迎えて! 脇を固めるは、マンボ松本(ex 大西ユカリと新世界)氏にドブロ・ギターの岩城一彦氏の強力メンバー!! カサ スリムさんは非常に楽しみ! MJもお墨付きのシンガーでございます。また私、ドブロを生で観るの初めてなんで、これまた楽しみ! ほんでもって鍵盤はマンボ君で、あ~こりゃ楽しいぞ!!
ブルージーなサウンドをお楽しみに! お待ちしておりますよん!

お問合せ BAR Sugar Free 078-321-0327
お電話にてお席の確保、ご予約お受け致します!

Soul, Funk, Slowjams, R&B and Drinks BAR Sugar Free


[ TB-0 | CO-0 ] page top
DATE: 2007/04/05(木)   CATEGORY: 独り言
騒音よりもロシア民謡?
4年に1度の統一地方選挙です。
でも、全くもって政治の話をする訳ではおまへん! うるさいのです!眠れないのです! 選挙カーでっ!!

今日も朝から選挙カーがひっきりなしに、次から次へと候補者の名前を連呼…。大体うちの前を通り出すのが11時位からか?もーちょい早いのかもしれませんが、1度起こされるのがそれ位の時間です。「○○○○でございます。何卒よろしくお願いいたします」 遠くの方から聞こえてきて音がでかくなって通り過ぎて行く…。その間約25秒。「あ~、やっと行きよった…寝よ…」と思ったら、まぁ~た別の党の候補者が「○○党の××××でございます。ヤル気に満ち溢れておりますっ!」って、知るかいっ! わしは寝る気に満ち溢れておるんじゃ!!

候補者の名前メモっといて、聞いたことのない(起こされてない)名前の人に票入れたろかい、と思うほど。アホみたいに名前ばっかり連呼して、騒音でしかありません。なんや、法律的に選挙カーで走りながらの演説は出来ない(まぁ、走りながら演説しても意味ないわな)ようで、名前の連呼に終始してるらしいですが、それでも勘弁してください…。昼間寝てる人種がいることをお考え頂きたい!

そ~いや私が子供の頃、近所をまだ『ちり紙交換』の車が走り回ってましたなぁ。記憶がおぼろげですが、確か『カナモリ商店』とかいう名前のハズ!ふと思い出したのですが、その車から流れてたメロディは今でもはっきり覚えてます。「テーンテンテン、テーンテンテン、テテテテテンテンテーンテン、テーレレレレレレテレレレ、テーレレレレレレ、テレー」って、読んでる人にはサッパリわからないでしょうが、今思えば、どことなくロシア民謡チックなメロディでした。30年前に西宮はフタバ筋近辺にお住まいだった方は判るハズです!

スゴイ!30年も前の小学生時代のことですが、毎日のように聞いていたせいで今でもメロディはモチロン、店名まで覚えているとわっ!これもロシアン?なメロディに乗せていたからこそ。音楽の力はやはり偉大なり!『カナモリ商店』は覚えても、名前連呼してるだけのあなた方は覚えませんよ!

ところで、うち『Sugar Free』にはちょいちょい一見さんも来店されますが、店名を覚えてもらって帰りはる人は少ないかも…。
コレですよ、コレ! 店のジングルを作って、曲の合間に挟んで店で流す⇒ お客様、店名覚える⇒ また来店される…。無理やな…

Soul, Funk, Slowjams, R&B and Drinks BAR Sugar Free
[ TB-0 | CO-1 ] page top
copyright © BAR Sugar Free all rights reserved.powered by FC2ブログ.  template by レトロメカニカ.