BAR Sugar Free
神戸・元町のBAR[Sugar Free]の店主の日記。音話、アホ話、お知らせ等々を!
DATE: 2007/09/24(月)   CATEGORY: 独り言
満員御礼! ノーザン・ソウルの夕べ
先日行った 『 tore up 6T’s rhythm’n’ soul all nighter! 』 も盛況のうちに無事終了。
お越し頂きました沢山のお客様、並びに、DJ陣をはじめとするスタッフの皆様、お疲れさま & ありがとうございました!

前回同様、このイヴェントは言わば 「箱貸し」 状態でして、私はというと、お客さんに出す酒をひたすら作るカウンターおやじに徹しつつも、ビアと焼酎をグビグビやりながら “くるくる回り踊る若者” の姿を前に我がの体力低下を感じつつ、 「う~む、やはりスゴイ世界だっ」 と感心しきり。
全く持って知らない曲が次々とかかり、時に 「おおっ~」 と言いながら盛り上がる様を見て、 「この曲はキラーチューンなのかっ?」 と頭の中は ??? だらけに…。

そう! この 『ノーザン・ソウル』 というのは、なかなかにややこしい言葉でありまして、本国アメリカや日本の私のような、ごく一般的なソウル・ファンが言うところのモノと、この 『tore up』 のようなイヴェント、そのシーンの本場であるイギリスで言うところとは、指している概念が異なるのであります…。

前者は、まさにアメリカ北部(ノーザン)のソウル、デトロイトやシカゴの60年代にかけてのソウル・ミュージックを指しておりまして、まぁ、それに対する 『サザン・ソウル(南部のソウル、ディープ・ソウル)』 みたいな大まかな図式がありますな。
ところが後者の場合はそーではございません!

60年代、イギリスの北部(ノーザン)の、特に労働者階級の若者達が当時のアメリカ北部のR&Bやソウル・ミュージックを好み、ダンスフロアーでガンガン踊っておりました。70年代に入ると、本国アメリカでは、ファンクやニューソウルがシーンの主流となってゆくのですが、彼等は違いました! 「こりゃわしらの好きなソウルとちゃうで!」 とばかりに、これまで聴いてた60年代のソウルに固執する訳です。アメリカにまで出向き、田舎のレコード店を回ってレコードを集め始めたのです。当時、アメリカでは見向きもされなくなっていた(主流では無くなっていた) レアなレコードを発掘。さらには北部以外の曲でも、 「こりゃ、わしらの好きなこれまでのソウルっぽいがな~」 と取り入れていくのです。(先月のうちのオリジナルCD、SOUL DRESSING VOL.54のモダン・ソウルもそのひとつ)
ダンススタイルもこれまた特徴的で、所謂 『ディスコ』 のソウルステップとは違い、クルクル回転してスピン、ターン、モーレツに早いステップ、まるでブレイクダンスのようなアクロバティックな技…等で爆音のなか、激しく一晩中踊り続けるのです。ちなみに、何かの革が靴底に貼ってる専用のダンスシューズなるものが存在し、うちの店でも皆がそれに履き替えてクルクル踊っております!

このように形成されていった 『ノーザン・ソウル・シーン』 というものがイギリスにはあり、このシーンで愛されている音楽を総じてノーザン・ソウルと呼んでいるようであります。当然ながら、アメリカでいうところのノーザン・ソウルと曲としてはかなりの部分がダブっておりますが、概念としては別もので、さらには “モッズ” とも関わりが深く、この手のイヴェント/パーティーでは キンクス や ストーンズ なんかもガンガンかかります。

…知識・勉強不足の私の説明では至らない部分が多々あると思いますので、詳しくは皆様勝手に調べて頂くとしまして、まぁそんなこんなで、私なんぞが知らない曲がワンサカかかるのですよ!
ミニライヴの時間を除いて、今回のイヴェントが約6時間20分。1曲平均3分としてイヴェント中にかかった曲は全部で約126曲。その中で私の知ってた曲は10曲程度…。
遅い時間に来て下さったムーンライトのマスター夫妻と交わした会話。
ムーン・マスター 「このあたり、わかるのん?」
わし 「いえ、全然わかりませんです…」
ムーン・マスター 「せやろ! こいつらアホやで!(スキモノというええ意味で)」
わし 「はい、アホです!(スキモノというええ意味で)」

嗚呼、恐るべしノーザン・ソウル・シーン!!
されど、私には新鮮で楽しく、来てくれてる若者達も行儀正しい良い子達で、これからもやりたいなぁと。
未だに、あの “爆音” はオッサンには厳しいですが…。

Soul, Funk, Slowjams, R&B and Drinks BAR Sugar Free
スポンサーサイト
[ TB-1 | CO-2 ] page top
DATE: 2007/09/19(水)   CATEGORY: 独り言
ハッチ大作戦
ハッチ 『みなしごハッチ』
「ゆけゆけ ハッチ みつばちハッチ 飛べ飛べ ハッチ みなしごハッチ」
幼少の頃やってた、なんだか悲しい記憶のTVアニメ。


ミツバチの国がスズメバチに襲われてしまい、ミツバチの国の女王であるママと離れ離れになってしまったハッチが、ママを探して旅をする。途中いろんな昆虫と仲間になりながら、また危険をくぐり抜けながらも成長していく愛と友情の物語…。
今回 “You Tube” で観てみたら、コレがまた、かわいいお顔! しかし、考えてみると 赤・青・黄色 の派手~な坊ちゃんだったのね…。 しかも、母ちゃんがまだ生きてるのに 「みなしご」 というのも如何なものか…。
まぁとにかく、ほぼ毎回、悪~い奴にいじめられたり、他の虫の死に直面したりと、子ども向けアニメにしては悲し過ぎる “タツノコプロ” の名作ですが、私が幼少の頃は、他にも 『フランダースの犬』、 『母をたずねて三千里』 などの “世界名作劇場(カルピスこども劇場)” といった 「涙なくしては観れない」 アニメが放映されておりました。

思えば、我々はこういうアニメを観ながら、心やさしき大人に成長していったのであります。
少し前も、絶大なるリクエストにより 『まんが日本昔話』 が再放送の運びとなっていたようですが、こんな素晴らしいアニメは繰り返し放送すべしっ! このアニメで様々なことわざを覚え、いじわるばあさんと正直ばあさんの見分け方を学んだのです! 民放での再放送を要望!!

スタハチ 『刑事スタスキー&ハッチ』
アメリカ “ABC TV” で全4シリーズに渡り放送されたTVドラマ。日本では1977年からTBSで放送。




まぁ、私が観てたのは18~9歳くらいの時の再放送ですが、日本語吹き替えで、 「スタさん!」 「ハッさん!」 と呼び合う、ギャグも織り交ぜた軽快なテンポ、スタさんの愛車、74年型フォード・グラン・トリノ (真っ赤なボディに白いライン、通称 “赤い稲妻” ) のカッコ良さで、毎回楽しみに観ていたアクション刑事ドラマであります! ロサンゼルス市警に勤務するデビッド・マイケル・スタスキー (スタスキー) とケネス・ハッチンソン (ハッチ) のユニークな個性を持つ対照的な2人の刑事が、毎度絶妙なコンビネーションで犯罪を追う。スタスキー役は 『マイアミバイス』 など後に監督業でも活躍するポール・マイケル・グレイザー。ハッチ役は 『ダーティハリー2』 で悪徳白バイ警官を演じ、あたしゃあ聴いたことは無いが歌も出してるデビッド・ソウル。モチロン、私のお気に入りはハッチです!

2004年に役者を代えて映画化もされてたみたいですが、これまたオリジナルを民放にて再放送、切望!!

W-Hutch.jpg 『ウィリー・ハッチ』
ソウルでハッチといやぁこのお方、ウィリー・ハッチ! 実を言うと、私の最近のマイ・ブーム / 再評価が、このハッチ。

60年代からソング・ライター / プロデューサーとして活動、69年にはRCAより自身のデビュー作となる 『Soul Portrait』 という好盤をリリース。その後1枚のアルバムを残し、70年代にはモータウンでライターとして頭角を現す。自身のアルバムも73年のサントラ 『The Mack』 を皮切りに短期間でアルバムをモータウンより続々とリリース。ライターとして抜群のメロディ・センスを発揮しつつ、シンガーとしては “サム・クック・フォロワー” としての顔も持つ。
本当の意味での “顔” という点では、短髪の時はどことなくケーシー高峰、髪が伸びて(アフロ)眼鏡をかけて笑ってる時は笑福亭鶴瓶に似ており、さらには、私がバリ島で仲良くなった現地のドラ息子 “ジョー” という奴にも似てたりするおっさんです。

まぁ最近は、ケーシー高峰を見ること自体がかなり “レア” になりつつあるなか、ところがどすこいっ! つい先日の日曜の出勤前にTVを付けると、 『笑点』 にてケーシー高峰を発見。
「うわぁ~、ハッチやんけ~」 と、黒板の前でネタをやってる絵柄を見終え、店に出向いたわけですが…。

その日、20時過ぎに店にやって来た常連 “てるさん” が持ってきたレコードは、なんとハッチの 『Fully Exposed』 と 『Color Her Sunshine』 の2枚やおまへんかっ!
「いやあ~、よっさん持ってないって言ってたから…」
ケーシー高峰の念が通じたのか??
「聴きますばい、聴きますばい!」 と、テーブル席にいたお若いお客様方そっちのけで2枚のハッチ盤を2台のターンテーブルに載せ、1曲づつ交互にハッチがけ!
「ほほ~う、やっぱりカッコええですな~」
「なんやねんっ、この曲?!っちゅう駄曲がなかですな~。ソングライターとしての実力が伺えますな~」
「サム・クック、ニューソウルを唄う!っちゅう感じですな~」
などと、おっさん2人でホクホク!

今回、てるさんがハッチのレコを持ってきたのには、実は伏線がありまして…。
2週間ほど前、お客さんとG.C.キャメロンの 『I'm Gonna Give You Respect』 を聴きながら、 「いやぁ~、この曲はハッチの作った名曲ですな~」 などと話していた時、端の方でその話をてるさんが伺っておりました。
その時、会話に入れなかったのが余程悔しかったのか心残りやったのか…。
翌日、 「いやぁ~、昨日の話を聞いてて、ハッチのCDを家で作ってきました!」 と、てるさん自作CD-Rが当店に納品されたのであります!
「おお~、僕、ハッチは3枚しか持ってないから、他のん聴きたかったんですよ~」

まぁ、そんなこんなから 「ハッチ・マイブーム」 が発生。
残念ながら、2005年9月にハッチはお亡くなりに・・・。享年59歳。
CD化もこれまでほとんどされておらず、これは是非とも通常盤でのCD化を熱望!!

とまぁ、風呂の中で 「ハッチ3連発」 の流れを思いつき、ジンギスカンの 「ハッチ大作戦」 という曲名を当てはめて 「こりゃおもろいがな、ヒヒヒ」 とほくそ笑んでいたのですが、こうやって書き終えた文章を読み返してみると、大しておもしろくもないのは何故なんだろう…。



Soul, Funk, Slowjams, R&B & Drinks BAR Sugar Free
[ TB-1 | CO-3 ] page top
DATE: 2007/09/07(金)   CATEGORY: お知らせ
イヴェントのお知らせ
tore up001tore up002
tore up  
6T’s rhythm’n’ soul all nighter!

2007/09/22 (sat) start 22:00-5:00
1500yen with 1drink @ BAR Sugar Free


神戸にて定期的に開催されている数少ない “northern soul party” のひとつ 『tore up』 が、前回4月に引き続きSugar Free にて開催されます!
今回は、3名のガールズ・コーラス・グループによる Liveパフォーマンスも予定! 『tore up』 の常連さんはモチロン、うちの常連さんもお待ちしてますよん!!

What’s“tore up”?
2004年、神戸北野der kitenにてスタート。酔いどれDJ 宇多誠、千種裕介、清水星児、大井篤の4名で活動中。tore upは60年代のダンスTUNEをベースに50年代後期R&Bから70年代Soulful Dancerまで、より黒い音を求め、自ら信じる音質を提供。今まで様々なDJやBANDと共演し、参加した全ての人に楽しんでもらうことを信条にしながら、神戸にて新たなカテゴリーを目指し活動中。

Soul, Funk, Slowjams, R&B and Drinks BAR Sugar Free
[ TB-0 | CO-0 ] page top
copyright © BAR Sugar Free all rights reserved.powered by FC2ブログ.  template by レトロメカニカ.