BAR Sugar Free
神戸・元町のBAR[Sugar Free]の店主の日記。音話、アホ話、お知らせ等々を!
DATE: 2007/12/26(水)   CATEGORY: 独り言
オトンサンタのプレゼント
メリークリスマスでした!
皆様、楽しいクリスマスをお過ごしになられましたでせうか?
あたしゃモチロン仕事ですよ…。しかし、例年クリスマスはヒマでして、今年も店で X'masソング聴きながらホケ~ッと過ごしておりました。

クリスマスといえば、色気づいてからは 「如何にして異性と過ごすか?」 が命題となるのですが、幼少の頃は 「サンタさんからのプレゼント」 が1番の関心事。
つい先日観て大泣きした映画 『ALWAYS 三丁目の夕日』 でも、ほのぼのとした昭和のクリスマスの様子が描かれておりまして、そのなかで “イッペイちゃん” が野球盤のプレゼントに大喜びしているシーンがありました。
そーいえば、私も野球盤もらったことありますよ。
でも、うちに来たサンタクロースはなかなか手強い “トリッキー” なサンタさんやったんです…。

それは私が小学1~2年の頃。朝起きると枕元にプレゼントがっ!!
「ワ~イッ!サンタさんや~!」 とはしゃぐようなピュアな心を持っていたかどうかは記憶にありませんが、「朝枕元にプレゼントがあった」 というのはコレしか覚えておりません。
見るとそれは欲しかった野球盤!
しかし、『ドカベンの野球盤』!
そう、あの水島新司大先生の名野球マンガ 『ドカベン』 です。
「ドカベンの野球盤って???」 
なんだか大きさも微妙。友達の家で遊んでいた野球盤よりは明らかに小さい。
箱から出して、一通り確認…。
「おお~っ、一人用だぁ~…」 (劇団ひとりの満田丹五郎風に)

そのドカベン野球盤は、その頃定番の野球盤の半分程の大きさで、形もちょいと縦長で、さらには、手元のレバーを引くとピッチャーのところから玉が転がって来て、レバーを放すと手前のバッターが打ち返すという方式。友達の家でワイワイ言いながら対戦していた 「夢の野球盤」 とは全くもって違うモノでした…。
しかし、私も負けてはいられません! 友達の家に持って行き、3アウトごとに交代して遊ぶ微妙な対戦方法を編み出しました! が、あまり盛り上がらず、対戦したのは “サッキン” という寺の息子一人だけで終了。でも、これはその後もひとりで良く遊びましたよ…。ありがとう、サンタさん! 何故だ? オトンっ!

そーいえば、うちのオトンサンタにおねだりをしたことがありました。
幼稚園位の時、男の子の憧れだった 『仮面ライダーのベルト』 です!

家に帰ってきたオトンサンタが、「ベルト買ってきたで~!」 と一言。
「やったぁ~!」 と大喜びで包みを開けてビックリ!
「おお~っ、ガッチャマンのベルトだぁ~…」 (劇団ひとりの満田丹五郎風に)

仮面ライダーじゃないと意味が無いのです。
変身の時にバックルのところがクルクル回るメカがカッコいいのです…。
そもそも私はガッチャマンはあまり観ておらんのです!
クルクル回るメカなど何も無く、その代わりに小さいブーメランみたいな武器が付いているのですが、当然アニメの様に “投げたら戻ってくる” 訳ではあ~りません。
カッコいい仮面ライダーのベルトを付けて走り回る友達の横で、ひと目見ただけでは何のベルトか分からない、でもやけに目立つベルトを腰に巻き、友達が止まって 「変身!」 と言いながらクルクルやってる横で、特に変身作業もせず武器を投げては取りに走る私…。

「仮面ライダー売り切れてたんや」 とオトンサンタは私に言いましたが、私は子供ながらに 「ウソや!コッチが安かったんや!」 と思ったものです…。どーなんだっ? オトンサンタっ!

確か小学6年位のある日、オトンが 「ルービック買ってきたで~」 と私に袋を手渡しました。 (もう既にクリスマスは関係ありません…)
当時大流行の 『ルービック・キューブ』。
まさかオトンが買ってくるとはっ! がしかし、袋の中身は…。
「おお~っ、形が違うぞぉ~…」 (しつこいが、劇団ひとり満田丹五郎風に)

それはルービック・キューブの正6面体に対して12面体もあり、明らかにその後のシリーズで出たというよりは、パチモンの2番煎じ商品でして、ホンマモンはクルクルとスムーズに回るのに対し、こちとらキシキシときしむ感じで全然スムーズに回りゃしません。これはもう、断トツにコレが安かったハズですっ! 結局、1面も揃えることは無く、タンスの上のオブジェと化しました…。安かったんやろ? オトン!

さらに確か小学3~4年位の時。友達の家には子供用の百科事典がありました。
5~6冊位の結構大きなやつです。
その家へ行っては、車や電車、何やらの機械等々の写真や絵を見てたものです。
どーしても欲しくなった私は 「図鑑が欲しい」 とリクエスト。
すると数日後、オトンは買ってきてくれたのです!
7冊位に分かれた大きな、しかし、黒と茶色の革張りチックな高級感ある装丁…。
恐る恐るタイトルを見る…。
「おお~っ、動物図鑑だぁ~…」 (やっぱり、劇団ひとり満田丹五郎風に)

それはそれは、とても小学生向けではない、やたらと本格的な動物図鑑!
私が見たい車も電車も機械も何も無い、完全なる動物オンリー図鑑!
さらに厄介なことに、写真がふんだんに使われてるのは良いのですが、これがまた “巻” によっては 「ヘビがネズミを飲み込んでるところのどアップ」 とか 「タランチュラのどアップ」 とか 「サソリのどアップ」 のページがポロポロあって、小学生の私には怖すぎました。薄目開けてドキドキしながら恐る恐るページ捲ってましたよ…。 「図鑑」 とリクエストしたわしがアカンかったんか? オトン!

…この動物図鑑は今も実家の本棚にありやす。
今やディスカヴァリー・チャンネルやアニマル・プラネット、BBC放送からNHKまで 「野生動物ドキュメンタリー」 モノの放送が大好物な私は、その図鑑が見たくて仕方ありません…。正月、見に帰るわな! オトン!

Soul, Funk, Slowjams, R&B and Drinks BAR Sugar Free
[ TB-0 | CO-4 ] page top
DATE: 2007/12/17(月)   CATEGORY: ご挨拶
5周年、ありがとうございました!
先日の10日、うちの店も皆様のおかげをもちまして、5周年を迎えることが出来ました! 周年祝いにお越し頂いた皆様、ありがとうございました!

そしてそして、15日土曜日、5周年記念を兼ねて行った 『The Twins with MJ』 のライヴ。
P1010008.jpg


う~む、それにしても恐ろしい画像の悪さ… 未だ200万画素というローテク・デジカメはヤバイですな…

こちらも沢山のお客様にお越し頂き、盛況のうちに終えることが出来ましたです。
お客様、The Twinsの小竹兄弟、MJ、ヘルプのいたちゃん… 感謝感謝でございます!

月並みですが 「あっっっという間の5年間」 でした。
常連のお客さんも少しづつ入れ替わり、我々も少しづつ変化しながらやってきた5年間。。。
これからも 「無理せず楽しく」 やれたらええなぁ~と…。

皆様、これからもよろしくお願い申し上げます!

Soul, Funk, Slowjams, R&B and Drinks BAR Sugar Free



[ TB-0 | CO-6 ] page top
DATE: 2007/12/08(土)   CATEGORY: 好物日記
好物日記4: メンソレータムAD乳液
いやはや、急激に寒うなって来た今日この頃、皆様風邪など引かれておりませんでしょうか?
インフルエンザもモーレツに拡大してきてるそうで要注意!
かくいう私も 「自営業は身体が基本」 と、帰宅時のうがい・手洗いはもちろんのこと、風呂上りにはすぐに服を着て髪も乾かし……などすることも無く、速攻で発泡酒とスナック菓子をむさぼる日々を過ごしております。

大体この私は基本的に風邪を引きません! 引いてても気づきませんし気にしません…。こーみえて身体は丈夫で、風邪どころか、「お多福風邪」 も 「はしか」 もやっておりませんですよ!
かぁーちゃん、丈夫な身体に産んでくれてありがとう…。

でもね…。こんな身体が丈夫な私でも、この季節はコレがないと生きていけないんです!

『メンソレータムAD乳液』
AD.jpg空気が乾燥するこの季節、元々乾燥肌なのか、私の表皮はいくらビアーを飲んでも潤い知らずで、脇腹から腰周り、脚の辺りがモーレツに痒くなり、それはそれはえらいことになるのです。「うぉーっ、もうたまらんっ!!」 と掻きむしると血は滲んでくるは、湿疹は出てくるは…。脚のスネなんかいつも粉吹いてます。

そりゃあ、アトピー等の本当に辛い病気の方々と比べたら 「ぷ~」 みたいなもんでしょうが、痒くて寝るのも一苦労ですからこっちも必死のパッチです。

“ジョン○ン・ベビーローション” や “ニ○ア・スキンローション” のいろんなバージョンを買い漁り、“ウレ○ース” に “メン○ーム” 等々と試しまくり、苦節2年…。やっと出会った完璧なる1本が、このメンソレータムAD乳液であります!

風呂上りにこの乳液を体中に塗りたくります。サラッとした乳液で皮フにスーッと馴染んでいくのがよろしい。すると、しばらくして塗った部分がポカポカと暖かくなってきます。「おおっ、これはなんですかいのー? コレが尿素の力ですかいのー?!」
暖かな幸せのベールに包まれ、痒さともオサラバ! この “幸せのベール” は翌日も持続するのがありがたや!

この1本を愛用して早や6年ほど。どちらかと言うと 「好物」 というよりは 「冬場の必需品」 でありますからして、是非とも製造中止・ハイバンだけは止めて頂きたく、ロート製薬様、よろしくお願い申し上げます。

Soul, Funk, Slowjams, R&B and Drinks BAR Sugar Free
[ TB-0 | CO-5 ] page top
DATE: 2007/12/05(水)   CATEGORY: お知らせ
やっぱり神戸はモノがちがう
というムック本が出ているのを、皆様ご存知でしょうか?
先月の16日に発売、書店やコンビニに並んでいるので、パラパラッと立ち読みされた方や既に購入された方もいるかと思います。
さて、この 『神戸本』、少々うちの店と関係がある本となっておりまして…。
KOBE001.jpg

神戸の 「モノ」 を中心に、これまでに溢れに溢れていた神戸本とはひと味違った視点、セレクトで紹介しているこの 『やっぱり神戸はモノがちがう』
実は、このブログにもちょいちょいと登場する “歌バカMJ” が編集・ライターとして参加している本なのであります!
「なんや、身内の仕事の宣伝かいな~」 と思われなさんな!

「実は青谷の方に茶畑があって、そこで採れたお茶を春日野道で売っている」 とか、「明石の魚屋の味噌漬けが最高」 とか、「筋金入りの職人がいる工房がある」 とか…、MJ をはじめ、ライターの皆さんがホンマに好きな伝えたい神戸の 「モノ」 が愛情たっぷりに紹介されております。
そして、それがモノであれ店であれ、それを生み出す 「人」 の姿が見え隠れしているのが、これまたよろしいっ! 紹介されている 「モノ」 や 「店」 のその奥に広がる物語…。それこそが知って欲しい 「神戸ならでは」 であり、「神戸らしさ」 ではないでしょうか? 文中下にある 「びっくり!?神戸検定」 コラムもおもろいしねぇ~。
…などと、なんだか偉そうに言っておりますが良~いのです。
もう私はオッサンなのです! お洒落スポットばかりを紹介するガイド本には興味は無いのです…。

ミー○が出してる神戸本やら、神戸ウォー○ーやら、毎度毎度同じ店、似たような特集ばかりで読んでも 「ふ~ん…」 で終わりでしたが、この神戸本は 「ほほ~う」 やら 「へぇ~っ」 が詰まっております故に、老若男女、皆様も是非に!

さて、冒頭で述べた 「うちの店と関係…」 というのは、何も MJ の仕事というだけではございません。
実は……、私がこの本のどこかに写っておるのです!
私のみならず、うちの “ねーさん” も、常連客の “てるさん” や “しみちゃん” も、『好物日記』 で書いた 『SHOT BAR Django』 の “ジャンゴマスター” もどっかに写っておるのです!
“神戸のモノを生み出す人” としてではなく、“それを楽しむ人” として、思いっきり一般客! で登場しております!!
そんな “わし” の姿も見え隠れしているこの神戸本、オススメの侮れない1冊でございます。

Soul, Funk, Slowjams, R&B and Drinks BAR Sugar Free
[ TB-0 | CO-4 ] page top
copyright © BAR Sugar Free all rights reserved.powered by FC2ブログ.  template by レトロメカニカ.