BAR Sugar Free
神戸・元町のBAR[Sugar Free]の店主の日記。音話、アホ話、お知らせ等々を!
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
] page top
DATE: 2008/05/26(月)   CATEGORY: 音盤日記
音盤日記: RYAN SHAW / This Is Ryan Shaw
先週の水曜日。
常連のお客さんから 「ライアン・ショウってええのがあるんですよ! 知ってます?」 と聞かれて、「ほ~、最近の人でっか? スンマヘン! 全然知りませんわ…」 と、相変わらず呑気な返事をした私…。
ネットで調べてみると、なんやレヴューもようさんあるし、「結構前から話題になってますやんっ!」 と、自分の音楽事情の疎さに涙を流し…。翌日、迷わず購入!

『RYAN SHAW / This Is Ryan Shaw』
ryan shaw

ジョージア州ディケーター出身の26歳。敬虔なクリスチャンの家庭に生まれ育ち、5歳の頃から教会で歌いはじめる。大学卒業後の98年、ゴスペル・ミュージカルへの出演をきっかけにNYへ移住。2004年に “ドゥワップ~クラシック・ソウル” を歌う 『ファビュラス・ソウル・シェイカーズ』 に加入。ジョス・ストーンのオープニング・アクトやゴードン・チェンバースのバック・ヴォーカルといった活動と並行してレコーディングを進め、本デビュー・アルバムをリリース、と…。

いやまぁしかし、お客さんから聞いていたとはいえ、ここまで直球なクラシック・ソウルとは!!
オープニング 「Do The 45」(THE SHAPEESのカバー。誰それ?) で早くもやられます! JR.WALKER 「Shotgun」 のようなファンキー・ソウル。熱いテナーでグイグイ引っ張る!
カヴァーは他にも、というか、実はほとんどがカヴァーやったりしまして、BOBBY TAYLOR & THE VANCOUVERS 「I Am Your Man」、CHAIRMEN OF THE BOARD 「Working On A Building Of Love」、WILSON PICKETT(THE FALCONS) 「I Found A Love」に、BOBBY WOMACK(VALENTINOS)の「Lookin’ For A Love」、さらにJACKIE WILSON 「I’ll Be Satisfied」等々…。
早い話が、歌からサウンドから、こりゃ~もう 「60's」 な訳でござんすよ!

オリジナル楽曲では、「We Got Love」 が気に入りましたが、「まずは好きなカヴァーを録音し、それからオリジナルを作りこんでいった…」 というように、オリジナルの方もまんま60'sマナーでして。
また、グラミー賞では 「I Am Your Man」 が 「最優秀トラディショナルR&Bヴォーカル/パフォーマンス」 部門にノミネート…と、いやはや古風な若者ですな~と、RICKY FANTEが出てきた時を思い出したりしたんスが、コッチの方が歌の上手さもインパクトも相当上かと思われます!

で、気に入って店でかけだした先週末の土曜日…。
久しぶりにふら~っと現れたソウル仙人。
「いやいや、タワーに行ったら店頭で流れてて、店員さんに聞いて買って来ました!」 と、袋から出てきたのが、この1枚。
その後、店で1枚丸まるかけて、「いやぁ~、こいつはスゴイっ! 何コレ? え~、何コレ?」 と、仙人もうなり続けておりました…。

ソウル仙人も唸る1枚!皆様も是非お聴き下さいませ!



Soul, Funk, Slowjams, R&B and Drinks BAR Sugar Free
スポンサーサイト
[ TB-0 | CO-0 ] page top
DATE: 2008/05/21(水)   CATEGORY: 独り言
彩華ラーメン閉店
休み明けの昨日。店の窓からの景色がいつもと違います。どんより暗い…。

お店の場所を聞かれると、「神戸サウナの南側で、彩華ラーメンの真向かいのビルの2Fですっ!」 と答えていた、その 『彩華ラーメン』 が18日日曜日を最後に閉店しちゃいました。1ヶ月程前から店長から聞いてはいたのですが、…淋しい限りです…。
SAIKA.jpg

ちなみにこの場所、以前は 「韓国焼肉」屋さんだったのですが、うちの店がオープンしてから間も無く、突然閉店。その後2年近く空家のまんまで、「はよ何か出来て賑やかにならんもんかいのぉ~」 と切に願っておったものです。

『彩華ラーメン』 が出来て丁度3年。いつもつり銭の札が無くなっては両替をしてもらい、七夕にはうちから 「ドリンク」 の出前をしたり、今や 「彩華からの出前は当たり前」 とばかりに、うちのお客さんもソウルを聴きながらラーメンを食べる…、そんな間柄になり仲良くさせて頂いてたのに…。ちょっと前にはリクエストの甲斐があって 「餃子」 もメニューに加わったのに…。

ちなみに、彩華の裏手にあった 『アメリカ食堂』 というバーも同じタイミングで閉店し、2店舗まとめたかたちで物件情報が出てますが、これが驚きの家賃&保証金! (誰が借りるねんっ!) …世知辛い世の中です。
「まぁ~たしばらく空家になるのか…?」 と憂鬱になる私…。
店の通りが寂しいのは嫌っスもんね。。。

次は何のお店になるのやら? 1日も早く、明るい通りになりますように! (コンビニは嫌よ!)

Soul, Funk, Slowjams, R&B and Drinks BAR Sugar Free
[ TB-0 | CO-6 ] page top
DATE: 2008/05/10(土)   CATEGORY: 音盤日記
音盤日記: GERALD ALSTON / SINGS SAM COOKE
モーレツにお久しぶりの 『音盤日記』。
数週間以前に 『disc union』 のサイトでチェックして気になってた1枚。
購入前に常連 Yスケ が持って来てくれました! いや~、持つべき者は “音楽の友” ですな!

GERALD ALSTON / SINGS SAM COOKE
Gerald.jpg

マンハッタンズのリード・シンガー、ジェラルド・アルストンによる、タイトル通りのオール・サム・クック・カヴァー集。
サム・クックといえば、そりゃあもうアンタ、私なんかがここでなんやかんや言うのもおこがましい、なんと申しましょうか、「ソウル・ミュージックを語る上でハズせない」 とかいうのも陳腐な表現でして、いやはやこりゃあ困ったなぁ~、オホホ。
とにかく、「ソウルのパイオニアみたいな存在で、ソウル/R&Bのみならず、ポップ・ミュージック史に輝く天才シンガーで…」 等々の紹介で、小生が21~2歳の頃、「こりゃあ~やっぱり聴いとかなアカンみたいやな~」 ということでRCAのベストLP2枚組を購入しましたが、針を落として 「何コレ! ポピュラーミュージックやん! ポイッ」となった私でございました…!

そらアンさん、その頃の私といえば、ブラコンやNJS(ニュー・ジャック・スウィング)を聴きながら、片方でオハイオ・プレイヤーズやらファットバックやらキャメオやらの FUNK を好んで聴いてた頃でございまして、ハッキリ言って、どこが良いのかサッパリ分からんかった訳でございます…。「嗚呼サム・クック、ええねぇ~」となるのは、その後数年も待たねばなりませんっ!

しかしながら、そのベスト盤で聴いて最初に好きになった曲はハッキリ覚えており、それは何を隠そう 「You Send Me」 でありまして、今回ご紹介するアルバムはその曲のカヴァーで幕開けとなります!

1. You Send Me
2. Sentimental Reasons
3. Only Sixteen
4. Wonderful World
5. Chain Gang
6. Cupid
7. Twistin' The Night Away
8. Bring It On Home To Me
9. Having A Party
10. A Change Is Gonna Come
11. Good Times
12. That's Where It's At
13. A Change Is Gonna Come (Live in Kansas City)

私の好きな 「You Send Me」 が非常に良い出来! 続く 「Sentimental Reasons」 がコレまたええ感じで、あれよあれよと続く怒涛のサム・クック定番・名曲の数々…。
ジェラルド・アルストンといえばマンハッタンズでのサム・クック・カヴァーを含め、所謂 「サム・クック・フォロワー」 として解釈されておりますが、それにしても気持ちよさげに歌っておりますなぁ~。

「全曲サム・クックというのも如何なものか」 というお客さんの声もありましたが、いやいや、この潔しや素晴らしいじゃあぁあ~りませんかっ! あたしゃあジェラルドさんが大好きなので (LIVEで観てこの人なら抱かれても良いと思いました) ノー・プロブレムでやんスよ!

と、相変わらず何のレビューにもなっとりゃせんですが、「レビュー・サイトではありません!」 と開き直りつつ、皆様にもオススメの1枚でございます!

Soul, Funk, Slowjams, R&B and Drinks BAR Sugar Free
[ TB-0 | CO-2 ] page top
DATE: 2008/05/07(水)   CATEGORY: 独り言
癒しのガムラン
GW も終了。皆様、楽しい GW をお過ごしになられましたでしょうか?

毎度この時期は 「出国・帰国ラッシュ」 等のニュースを見ながら、「皆さん、お金の掛かるシーズンにわざわざご旅行、ご苦労さんです!」 などと思ってましたが、今回は羨ましかった…。

4月はブログ更新もままならず、CDも完成せずの1ヵ月。
19日のイベントに27日のライヴと、気を張ってたのもありますが…。
まぁまぁ色々ありまして、正直ヘヴィーな1ヶ月でございました。
ストレス知らずのこの私がヘロヘロに、ねーさんなんか、夢にまで見てうなされたりしておりまして、最近は2人してお疲れ気味が続いておりまして…。

「客商売、日々これ勉強!」 とわかっちゃいますが、どっこい俺らも人間だ!
「このままじゃあ死んじゃう!」 と、癒しを求めバリに行きました。気分だけ。ガムランで…。

ガムラン
インドネシアの民族音楽。音楽自体と演奏に用いられる楽器群の両方を意味する。叩くことを意味する「ガムル」の名詞形なので、「ガムラン」は言ってみれば「叩く音楽」、「叩く楽器」ということになる。インドネシアの中でも、中央ジャワ(ジョグジャカルタ、スラカルタ)、西ジャワ(スンダ)、バリにおけるガムランが特に有名。楽器編成は、ガムランの種類によって様々だが、ゴング類の金属打楽器と鍵盤のある金属打楽器、そして太鼓が中心となって構成される。よく「青銅の交響楽」といった例え方をされる。(はてなダイアリーより)

まぁ専門的なことは全くわかりまへんが、バリで演奏を聴いて以来、私はこの 「ガムランの響き」 が大好きになりまして、疲れた時に束の間の現実逃避を楽しんだりしておるのです。
P1010040.jpg

やっぱり 「ジャワ」 よりも 「バリ」 のガムランの方が私は好きで、お香を焚いて、ビアー片手に目を閉じると…。
おおお~っ、バリにやって来ましたよ~! いいねぇ~!

いましばらく、ガムランの響きに身を委ねたいと思います。

Soul, Funk, Slowjams, R&B and Drinks BAR Sugar Free
[ TB-0 | CO-0 ] page top
copyright © BAR Sugar Free all rights reserved.powered by FC2ブログ.  template by レトロメカニカ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。