BAR Sugar Free
神戸・元町のBAR[Sugar Free]の店主の日記。音話、アホ話、お知らせ等々を!
DATE: 2008/09/19(金)   CATEGORY: 独り言
霜取りブルース -前編
私は基本、ええかげんであ~る。
そんでもって、無精者であ~る。
明日出来る事は明後日にやるのは当たり前、先延ばしは得意中の得意なのであ~る!!
しかしながら、一旦「やる!」と決めた時はガッツリと入り込んでしまうのであ~る!(禁酒・禁煙以外…)

<今週某日午前1時半>
「暇やし雨も降り出したから早仕舞いしよか~」 と店を閉め、氷のストックをチェックするとほとんどおまへん。
「もう1台(裏)の方にあるからOKやな! ついでやからこのアイスストッカーの霜取りやって帰ろ~」 と思い立ったのが始まり。

普段、店の表(カウンター)で使っているアイスストッカーは、「霜取り機能」 が付いておりません。
故に、毎日ガンガン氷を入れて使っておると、ガンガン霜も付くのでございます。
こまめに霜取りをやっておると問題ないのでありますが、そこは 「先延ばしのよっさん」 でございます故に、「まだそんなに霜も付いてないな~」 などとやってる内に、いつの間にかどれ位の深さまで霜が付いてるか分からなくなったりするのでございます…。
まぁ大体、ザクザクッと霜を取って電源を抜いて帰ると、翌日は底に少し残ってた霜が解けて水になってる、てな感じで “楽チン根こそぎ霜取り” が完了するのですが、今回は 「嫌~な感じ」 がストッカーからプンプンと漂って参ります…。

「コレはまだまだ根深そうやな~。このまま電源抜いて帰ったら、明日、底の栓から水漏れよるかもしれんな~。あわわわ…」

こーなると、もう帰れません!

「う~む、どこから攻めるべきか? とにかく、ある程度霜を減らさんと電源抜いて帰れんわい」 と、アイスピックでザクザクやってみます。
しかしながら、アイスピックで突き過ぎて、ストッカーに穴を開けたバーテンが知人にいる為、強気にはいけません…。
「どれほどの深さなのやら…」 と、フォークでザクッとやってみます。
「なんと固いっ! しかも、まだまだ底には辿りつかんっ!」
080918-061747.jpg

熱湯大作戦も手ではあるが、ビチャビチャのみぞれ状の霜を処理するのも手間やし…。
「ここは2刀流で! 梃子の原理でクイッとやったら霜がミシッとなるかも…」
080918-061918.jpg

「ぬぬぬ! 全くもってピクリともいかんし、こりゃあ先を急ぎ過ぎなのか…? コツコツやるしかなかばってん」
と、アイスピックとフォークで戦うこと1時間半。段々腹が立って来ます…。
「ワレ何さらしとんねんっ! ボケ、コラ、カス~ッ!」
おたまを出して来て、ガリガリ削ります。
「しばくど、こらぁ~っ!!」
080918-061428.jpg

…疲れたので、ちょっと息抜き。
080918-061612.jpg

「この時間に雪だるまを作ってるのは、全国で間違いなくわしだけやろな~、イーヒッヒーッ」
と、顔に付ける材料を探しててふと我に帰ります…。
「嫌や…。僕もう帰る…」

敗北感に包まれ、雨の中をチャリで帰る私…。

♪ 俺の仕事は霜取りさ~
朝から晩まで霜を取る~
おてて冷たい、心が寒い~
いつになったら取れるのか~♪ (よっさんの霜取りブルース、絶賛発売中)

後編(翌日)に続く…

Soul, Funk, Slowjams, R&B and Drinks BAR Sugar Free
関連記事
[ TB-0 | CO-3 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

よっさん | URL | 2008/10/03(金) 04:30 [EDIT]
モーレツに遅いご返事で失礼をば…

わしさんへ
やめれまっかいな!

あけちゃんへ
実は、霜取り初日後、「なんか手っ取り早い方法はないもんか?」とネットで調べたら、グリセリンのことが出てました。
案外多くの方が霜取りで悩んでるのは笑いましたな。

わし | URL | 2008/09/28(日) 06:18 [EDIT]
ていうか煙草やめたんじゃなかったっけ?…

あけちゃん | URL | 2008/09/21(日) 16:12 [EDIT]
 霜取りには、グリセリンがいいと聞いたことがあります(真偽の程は定かではありませんが…。)。
 それにしても、特に1枚目の写真、モノクロ(?)のせいか、見ようによっては、ちとグロい…。(腕にブッチャーのフォーク攻撃を受けたテリー・ファンクを思い出し…たのは私だけでしょうが…。)

TRACK BACK
TB*URL
copyright © BAR Sugar Free all rights reserved.powered by FC2ブログ.  template by レトロメカニカ.