BAR Sugar Free
神戸・元町のBAR[Sugar Free]の店主の日記。音話、アホ話、お知らせ等々を!
DATE: 2007/02/18(日)   CATEGORY: 未分類
ソウル仙人 -前編
ソウル仙人とは?

「よっさ~ん!ソウルファンの中には、実は『ソウル仙人』という人種がいるんだよ~!彼らはもうソウル・ミュージックを極めた人達で、普段は静か~に家でレコードを聴いているんだけど、ごくたまに下界に降りて来ては、レコード屋やソウル・バーに現れるんだよ~!」

コレはうちの常連「てるさん」のお言葉。てるさんが言うには、他にもジャズ仙人やら色々いるらしい。
私からすりゃ、てるさんもソウル仙人と言って良い程、コレクションから知識からスゴイ人なんスけど。まぁ、てるさんはうちの店に週2回は来てはるので仙人では無いのか…。

さて、2年ほど前からうちに半年に1回位の割合で来店される50代のお客様がいらっしゃいます。初めての時はお一人でカウンターに。物静かな紳士といった感じの方で物腰もやわらかく、聞けば高校の教頭先生とのこと。「まだまだ知らない曲がありますね~。また寄らせてもらいますね」とおっしゃって帰られました。
2度目の時はお連れ様と。テーブル席に座られたのでお話は出来ませんでしたが、限定初CD化されたマーヴィンのコパのライヴを店で流していたので「今日はマーヴィンをありがとう」と言って帰られました。

…もうお気づきでしょう!そう、このお客様こそが『ソウル仙人』だったのであります!
しかし、この時はそんなことなど考えるわけがおまへん!「あ~、このお客様は昔を懐かしんでおられるんやな~」てな具合です。正直、こっちは安心しきっております!!

ソウル仙人疑惑勃発

確かこのお客様が4度目に来られた時でした。この時もお連れ様とテーブル席でしたのでほとんどお話出来なかったのですが、帰り際に1枚のCDを下さいました。
「私が家で作ってきたCDです。つまらんモノですけど聴いてみて下さい」
「ありがとうございます!すごいっスね~、楽しみですわ!」
お見送りしてからCDを見てビックリ!「何ですか、コレは~!!!」

「Sweet & Bitter / ‘70’s Vocal Group」と題されたそのCD-Rにズラリと並ぶ全23曲。「PURE VELVETに始まりTHE JUSTICE DEPT, UNIVERSAL MIND, THE ULTIMATE TRUTH, FOUR SONICS, etc…」
「知らん!23曲中知ってるんは10曲だけ。その10曲も音源持ってないのほとんど!」

私はコレクターではありませんし持ってる音源も知識も屁みたいなもんなので、このようなお客様がおられることは不思議でもなんでもありません。ただ、ギャップがあったのです。「あの物静かな先生は何者??」 その時、てるさんが以前話してたことが思い浮かびました。
「昔、僕らが若い頃に、関西におもしろいソウルのミニコミ誌があってね~。どっかの高校の先生が作ってたハズなんだけど、すごく良く出来たミニコミ誌でね~」

「もしや…このお客様では…?」
後日、店にやって来たてるさんに早速報告。
「てるさん、このCD見てください!お客さんがくれたんスけどスゴないっスカ?」
「おおーコレはっ!何これっ、お客さんが作ったの?」
「はい!こういう人で…かくかくしかじか…。で、前に高校の先生のミニコミ誌の話ありましたやん?このお客さんも実は高校の先生なんスよ~!」
「…う~む、可能性あるね~」
「仙人ですかね~?」
「仙人かもしれんなぁ~」

ここまで書いて、「何の話やねん!」と自分でも突っ込みを入れたくなる程のアホな会話に気付きましたが、この時の二人は興奮状態であります。で、この話は後編に続くのであります。なんでやねん!

Soul, Funk, Slowjams, R&B and Drinks BAR Sugar Free
関連記事
[ TB-0 | CO-2 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

名前が入力されま | URL | 2007/02/20(火) 12:56 [EDIT]
爆笑してたんはわしだけかい・・(ノ><)ノ
荒らしじゃありまへんで!(-.-;)

わし千人 | URL | 2007/02/19(月) 20:18 [EDIT]
なんでやねん!なんでやねん!なんでやねん!なんでやねん!なんでやねん!なんでやねん!なんでやねん!なんでやねん!なんでやねん!なんでやねん!なんでやねん!なんでやねん!なんでやねん!なんでやねん!なんでやねん!なんでやねん!なんでやねん!なんでやねん!なんでやねん!なんでやねん!・・・

TRACK BACK
TB*URL
copyright © BAR Sugar Free all rights reserved.powered by FC2ブログ.  template by レトロメカニカ.