BAR Sugar Free
神戸・元町のBAR[Sugar Free]の店主の日記。音話、アホ話、お知らせ等々を!
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
] page top
DATE: 2007/02/22(木)   CATEGORY: 未分類
ソウル仙人 -後編
ソウル仙人現る

そんな話も忘れかけたある日、あのお客様がやって来ました。運良く(?)お一人でカウンター。私としてはあんなCDを貰っているので今回は緊張感が違います!
「何かけよ??うわぁ~、曲何かけよ~??」
頭の中で必死に考えながらコースターと灰皿を出して…。
「お疲れ様です!この前のCD、えらいことになってましたね~。全然知らんのばっかりでしたよ~」
「いやいや、つまらんもんでね~」
「ほんでですね~。ちょっとお聞きしたいことがあるんですけど~」
と、早速例のミニコミ誌の件を聞いてみる…。
「あ~、それは〇〇さんと違うかな~。私はその頃東京にいて、むこうで作ってましたから…」
てるさんが言ってた人とは違ったが、作ってますやん!仙人ですやんっ!!

その日、初めてゆっくりとソウルの話をしましたが、これがまさしくてるさんの言うところの仙人なり。「USブラック・ディスク・ガイド」等の著書などでソウル・ファンにはお馴染みの鈴木啓〇さん達と一緒に60年代からリアルタイムにソウル・ミュージックを聴いてこられ、ミニコミ誌で来日アーティストの楽屋に行ってはインタビュー、といった筋金入りのソウル・マニアでした。えらいこっちゃ~あ!

ソウル仙人 VS てるさん

こうなれば、仙人とてるさんとを引き合わさない訳にはいきません!これは程なくして実現に至りました。去年の12月頃のこと、カウンターの端1番2番がドス黒~い空気に包まれていたのを私は忘れません!てるさんがいて、しばらくしてから偶然にも仙人の登場。紹介するや程なくしてお2人はジェイムス・カーの話題に。他にお客様もおられたので仙人はてるさんに任せてましたが、1時間後でもま~だジェイムス・カーの話…。すんませんが、放置プレイさせて頂きました。入る隙間がありませんです。
「マスタ~、今度はディープ・ソウル・バラード25連発作って持って来るわ~」
仙人とてるさんがベロベロで帰宅したのは午前3時頃…。

ディープ・ソウル25連発!

このソウル仙人は酔うと「べらんめい口調が出てくる」という恐ろしい事実を知った私。次に仙人が来たら私はどーすれば良いのでしょう?アーメン!と思っていたつい先日の15日、仙人は現れました。
「CD作って来ましたよ」
差し出されたCD-Rには「SOUTHERN SOUL BALLAD 25連発」のタイトルが…!
「うわぁ~、また濃そうなCDですな~」
「またゆっくり聴いてみて下さい」

あれかけろ、これかけろ、果ては持ち込みのCDをかけろ~、などという店泣かせのお客様でないところは仙人の余裕か貫禄か。しかしながら、本日は暇~な木曜日。早い時間に来たお客さんも帰った後の23時前。
こりゃもう、25連発いかなあかんでしょう!で、てるさんも呼び出さなあかんでしょう!と企んだ私。
若いお客さんが来ても知ったこっちゃない、と腹をくくりましたよ!
てるさんを電話で呼び出し→てるさん、20分後に登場→てるさんの小脇に抱えたレコ発見…。
呼び出した相手が悪かった!てるさんが持参したのは、ソウル仙人も知らなかったジェームス・カーの78年日本公演の海賊盤。まぁ~たジェームス・カーですかいっ!
揃ったところで25連発スタート。まさかCDをかけるとは思ってなかった仙人は「あかんよ~、お客さん来なくなるよ~」と言いながらも、「コレ聴いてっ!」「次のコレ聴いてっ!」とギヤが入り出す。THOMAS BAILEYに始まり、JAMES CARR、WILLIE HIGHTOWER、SPENCER WIGGINS…。4連発の時点で既に腹一杯に…。9発目のPIC & BILLの辺りで、今度はてるさんが持ってきたジェームス・カーにチェンジ。
「おお~っ!!」と仙人が絶叫。「コレは大阪でしょ~?」「いや、間違いなく東京ですよ!」「あ~、コレやってたやってた!」「僕の声入ってるんちがうかっ!」
えら盛り上がり!!
「JAMES CARR / ORIENTAL LIVE AND LIVING」というこの海賊盤。「GOLDWAX」ならぬ「COLDWAX」というギャグの効いたレーベルから出された、思いっきり観客がテープかなんかで録音した音源のレコード化。この1枚に40代と50代の“おっさん”(あえて言わせて頂きます)2人がワーキャーワーキャー言うとります。
20代の頃にこの東京公演を観た仙人。その時高校生で大阪公演を観たてるさん。わし、その頃半ズボンの9歳。全然話に入れません…。

どっぷりとA,B両面を聴いた後(この間、仙人タイムスリップ状態)、再び25連発再開。TONY BORDERS、O.V.WRIGHT、CRUME BROTHERS…と続くコッテリ・ディープ・ソウル・バラード。もう全てが同じに聴こえてきますよ~、私は。2時間以上、ひたすらディープ・ソウルばかり聴いたのは初めてですよ~、私は!
流石に疲れてきたのは私だけでは無いようで、仙人、てるさん共に酔い疲れ、音疲れ、しゃべり疲れで最後には口数も少なくなり…。
午前2時前にはてるさんと2人でヘロヘロの仙人をお見送り致しました。

嗚呼ソウル仙人、次はいつ下界に降りていらっしゃるのか?


♪仙人、てるさんはモチロン、この世代、この筋のソウル・ファンには絶対的存在のジェームス・カー。ソウルおやじ永遠のマスターピース♪



Soul, Funk, Slowjams, R&B and Drinks BAR Sugar Free
関連記事
[ TB-0 | CO-3 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

よっさん | URL | 2007/02/27(火) 00:19 [EDIT]
タンタンさん、先日はありがとうございました!神戸にお越しの際はまた来てくださいな~! …あの空間に耐えれるのなら是非!
● 管理人のみ閲覧できます
| | 2007/02/23(金) 00:34 [EDIT]
このコメントは管理人のみ閲覧できます

タンタン | URL | 2007/02/23(金) 00:06 [EDIT]
マスターおもしろすぎ(笑)その奇妙?な空間に遭遇したいものです。

TRACK BACK
TB*URL
copyright © BAR Sugar Free all rights reserved.powered by FC2ブログ.  template by レトロメカニカ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。