BAR Sugar Free
神戸・元町のBAR[Sugar Free]の店主の日記。音話、アホ話、お知らせ等々を!
DATE: 2007/03/26(月)   CATEGORY: 音盤日記
音盤日記: LENNY WILLIAMS / It Must Be Love
やってしもた~!前回からブログ10日間の放置プレイ!
先週は飲みすぎました…。火、木、金、土とほぼ朝まで…。
朝帰って、それから食事して、ちょいとうたた寝して10時位に目覚めて、それから風呂入ってほけ~っとして昼の1時ごろ寝る…の繰り返しでした…。そんな “酔っ払い週間” に店で毎日かけてた1枚を!

LENNY WILLIAMS / It Must Be Love
20070326231428.jpg20070326231440.jpg

ご存知、70年代タワー・オブ・パワー(以下 T.O.P.)の全盛期を支えた名シンガー! とはいえ、T.O.P.には73~75年、3枚のアルバムにしか参加してない訳でして、実際「元T.O.P.の」というお飾り必要ナシの人気と実力を持ったベテランであります。
考えてみれば、70年代の、しかもファンク・グループにいたシンガーで(元々T.O.P.以前のデビューですが)、その後もコンスタントなソロ活動を続け、こうして現在もアルバムを出している人が他にどれだけいるでしょうか?? 彼が歌モノ・ソウル好きからの人気が高いのも頷けますな!

本作はそんな彼の最新作! “しなやかな高音の伸び” が持ち味の彼。モチロン年齢のせいもあり声の衰えは否めませんが、少し擦れ気味になったその声から滲み出てくる情感豊かなフレージングがアーバンな楽曲と絶妙にマッチ、絶品のメロウネスを醸し出しております!③「I Be Missing You」なんて、モロ最近の “アイズレー・マナー” ですよ。そんなメロウな楽曲が居並ぶ中で、途中ラップも絡んでくるゴスペル・ソング⑥「Amen」は、メロウ一辺倒になりがちな流れのフックになってて非常にええ感じ! “無難にスローばかりで攻めました” で終わらない意欲的なところが伺えてよかです!
しかしながらこのアルバム、何故か前作「My Way」と4曲ダブっております。というか、ジャケットも前作からの流用…。それどころか、裏ジャケは前々作「Love Therapy」からの流用…。いやぁ~、このチープさが涙を誘います!と思ったら、CD盤面のプリントには更に昔の凛々しいお姿が…。どーでも良いのでしょうか?このおっさんは! ヤル気があるのか無いのか分かりません?!
20070326231505.jpg20070326231517.jpg20070326231450.jpg

私自身が彼の歌に注目したのは、やはりといいましょうか、彼の名唄・泣きのバラード名曲として名高い「Cause I Love You」を聴いてからということになりますが、その1曲にこれまた人気のクラブ・クラシック「You Got Me Running」収録の名作「Spark Of Love」もオリジナル・ジャケでCD化、その前年作となる「Choosing You」(コチラも定番クラシック)もCD化されており、彼のソロ作もかなりCDで聴けるようになりました。この機会にぜひ皆様にも、「タワー・オブ・パワー」では無い “ソロ・シンガー” レニー・ウィリアムスを聴いて頂きたく!!



Soul, Funk, Slowjams, R&B and Drinks BAR Sugar Free

関連記事
[ TB-0 | CO-0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
copyright © BAR Sugar Free all rights reserved.powered by FC2ブログ.  template by レトロメカニカ.