BAR Sugar Free
神戸・元町のBAR[Sugar Free]の店主の日記。音話、アホ話、お知らせ等々を!
DATE: 2008/05/07(水)   CATEGORY: 独り言
癒しのガムラン
GW も終了。皆様、楽しい GW をお過ごしになられましたでしょうか?

毎度この時期は 「出国・帰国ラッシュ」 等のニュースを見ながら、「皆さん、お金の掛かるシーズンにわざわざご旅行、ご苦労さんです!」 などと思ってましたが、今回は羨ましかった…。

4月はブログ更新もままならず、CDも完成せずの1ヵ月。
19日のイベントに27日のライヴと、気を張ってたのもありますが…。
まぁまぁ色々ありまして、正直ヘヴィーな1ヶ月でございました。
ストレス知らずのこの私がヘロヘロに、ねーさんなんか、夢にまで見てうなされたりしておりまして、最近は2人してお疲れ気味が続いておりまして…。

「客商売、日々これ勉強!」 とわかっちゃいますが、どっこい俺らも人間だ!
「このままじゃあ死んじゃう!」 と、癒しを求めバリに行きました。気分だけ。ガムランで…。

ガムラン
インドネシアの民族音楽。音楽自体と演奏に用いられる楽器群の両方を意味する。叩くことを意味する「ガムル」の名詞形なので、「ガムラン」は言ってみれば「叩く音楽」、「叩く楽器」ということになる。インドネシアの中でも、中央ジャワ(ジョグジャカルタ、スラカルタ)、西ジャワ(スンダ)、バリにおけるガムランが特に有名。楽器編成は、ガムランの種類によって様々だが、ゴング類の金属打楽器と鍵盤のある金属打楽器、そして太鼓が中心となって構成される。よく「青銅の交響楽」といった例え方をされる。(はてなダイアリーより)

まぁ専門的なことは全くわかりまへんが、バリで演奏を聴いて以来、私はこの 「ガムランの響き」 が大好きになりまして、疲れた時に束の間の現実逃避を楽しんだりしておるのです。
P1010040.jpg

やっぱり 「ジャワ」 よりも 「バリ」 のガムランの方が私は好きで、お香を焚いて、ビアー片手に目を閉じると…。
おおお~っ、バリにやって来ましたよ~! いいねぇ~!

いましばらく、ガムランの響きに身を委ねたいと思います。

Soul, Funk, Slowjams, R&B and Drinks BAR Sugar Free
関連記事
[ TB-0 | CO-0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
copyright © BAR Sugar Free all rights reserved.powered by FC2ブログ.  template by レトロメカニカ.